カラコンサイズ

カラコンをサイズより選ぶ

カラコンはサイズが大きければ良い訳ではない

カラコンを選ぶ際に大きさは大きいサイズを選んだほうがいいと思っている人もいるかもしれませんが、これは違っています。

 

カラコンは大きいサイズを選んだからといって良い訳ではありません。

 

厚生労働省から承認されているものを選んだほうがもちろん良いのですがサイズは14ミリを超えているものも承認されていることもあります。

 

ですが、この14ミリが重要なポイントになっています。

 

 

14ミリというサイズを超える大きなカラコンは目に負担がかかってしまい、角膜に傷ができる可能性が高いのです。

 

カラコンに限ったことではありませんが、コンタクトレンズそのものが、目にとっては異物として捉えられます。

 

ですからサイズが大きければ大きいほどリスクが高くなることを理解して選ぶようにしましょう。

 

 

どうしても目力をアップさせるなら、大きいほうを選ぶほうが良いと思ってしまいがちですが、それは勝手なイメージであり、必ずしも大きければよいわけではないのです。

 

ちなみに日本人の平均する目の大きさは12.5ミリから13ミリとなっています。

 

そして販売されているサイズは13.5ミリから16ミリです。

 

目の大きさは眼球そのものの大きさというよりも、瞼の開き具合によっても違いますので、自分の目の大きさに合わせて選ぶことをお勧めします。

 

大きければいいという訳ではないので、できれば14ミリまでで選ぶことを、目の負担のことを考える面からしてみてもお勧めします。

 

17ミリというものも販売されていますが、瞼がそれほど開くかどうか考えて選びましょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ